栄養の

くすみのタイプ 原因とお手入れ方法

くすみとは顔全体、または目のまわりや頬などに生じ、

肌の赤みが減少して気意味が増し、

または肌のツヤや透明感が減少したり、

皮膚表面の凹凸による影によって明度が低下して暗く見える状態です。

 

種類は

・角質肥厚型

・乾燥型

・結構不良型

・糖化型

・メラニン型 があります。

 

〈見分け型〉

角質肥厚型 灰色がかっている

※肘や膝や踵に多くみられる

乾燥型 キメが乱れており、透明感やツヤがない
血行不良型 血色が悪い、青黒い
糖化型 茶色っぽい黄ぐすみ
メラニン型 肌に色むらがあり、黄みがかっている

 

【原因】

角質肥厚型 ターンオーバーの遅れが原因で角質肥厚がおこり、肌がくすむ
乾燥型 加齢や乾燥でキメが乱れ、肌の表面で凹凸ができ光が乱反射することで肌がくすむ
血行不良型 加齢や疲労、睡眠不足などの原因で血行が悪くなることで肌がくすむ
糖化型 肌の中でタンパク質と糖が結びつき、

褐色の「AGEs(最終糖化生成物)」を作り出すため肌がくすむ

メラニン型 紫外線や肌の摩擦によりメラニン色素が作られる。

このメラニンが排出されずに残ってしまうと色素が沈着して肌がくすむ。

 

【お手入れ方法と効果的な成分】

角質肥厚型 〈お手入れ方法〉

ピーリングや酵素・スクラブ洗顔、ピールオフパック、拭き取り化粧水などで余分な角質を取り除く

(肌が極度に乾燥、アレルギーのある乳母あいはこれらのお手入れは避ける)

〈効果的な成分〉

ピーリングの成分はAHA(アルファヒドロキシ酸)、リンゴ酸など。

酵素はパパイン、プロテアーゼなど

乾燥型 〈お手入れ方法〉

基本のケアにプラスして保湿美容液、マスクやパックを取り入れる。

保湿ケアすることが大切。

〈効果的な成分〉

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸など

血行不良型 〈お手入れ方法〉

血行を良くするために、マッサージやホットタオル、入浴が大切。

タバコも控え、適度に運動する。

〈効果的な成分〉

カプサイシン、ビタミンE誘導体、炭酸など

糖化 〈お手入れ方法〉

血糖値を急増させない食事を心がける。

糖化に注目した美容液でケア。

〈効果的な成分〉

ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC誘導体、クエン酸、αリポ酸など

メラニン型 〈お手入れ方法〉紫外線をカットして美白ケアを行う。

ターンオーバーを促し、メラニンを滞らせない王にする。

〈お手入れ方法〉

ビタミンC誘導体などの美白有効成分やレチノールなど。