栄養の

スキンケアより大切?!光老化の恐ろしさ

年齢を伝えると

「どの化粧品を使っていますか?」と質問される事が多くなりました。

年齢の割にシミ・シワが少ない肌です。

高校生の頃よりスキンケアを行ってきた事、

またオタク気質に加えて、

持ち前の好奇心旺盛も手伝って様々な化粧品を試してきました。

常にベストの化粧品を探し、良い効果をもたらした化粧品もありましたが、

スキンケアを頑張る以前に、肌の老化を遅らせる為に必要な事があります。

それは老化を促進する光老化を防止する事です。

光老化とは、

紫外線をはじめ可視光、赤外線を含む太陽光線を浴びることにより皮膚に現れる老徴です。

しみ、しわ、たるみなど、皮膚における光の害の表現型です。

光老化の延長線上には皮膚癌が存在し、

皮膚だけでなく、太陽光線を浴びる目にも光老化は発現し、

白内障などの発症にも関与しています。

肌の老化には光老化と自然老化があり、

光老化は8割と言われています。

シミ・シワのない若々しい肌を保つには紫外線防止が必須です。

日焼け止めを毎日きちんと塗り、紫外線を防止する事がとても大切になります。

紫外線によるダメージは真皮にまで到達します。

シミ・そばかすだけではなく、ハリや弾力まで奪ってしまいます。

また、肌の水分が急激に奪われることで肌が乾き、かさつき、くすみ、小じわやたるみの原因にもなります。

どれだけ高い化粧品で栄養を与えても、

紫外線防止をしなければ無駄になってしまいます。

紫外線は窓を通します。

外出しない日も日焼け止めは必須です。

老化を遅らせるには、毎日の日焼け止めで光老化を防ぐこと。

紫外線が強くなる季節なので、

日傘や帽子も利用し、日焼けしないよう心がけましょう。